スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンチボウル

今日は、旅行情報.jpさんより、オアフ島の観光お勧めスポットをご紹介させていただきます。

およそ48000人の兵士がここに眠る



パンチボウルは、パンチボウル・クレーターと呼ばれる、7万5千年から10万年前に火山活動によって出来た噴火口の高台。このパンチボウルからは、ダイヤモンドヘッド、ホノルル市街を見渡せる丘として知られている。
パンチボウルの意味は、ハワイ語の「プオワイナ」から来ており、その意味は「生贄の丘」。この地に伝わる伝説によれば、このパンチボウル・クレーターに祭壇があり、そこで何か儀式があると、生贄が捧げられていたとのこと。

それと同時に、第2次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争など、アメリカ合衆国の戦争で命を落とした兵士が眠る墓地でもある。この墓地は、全米に139ある国立の墓地の1つ、「国立太平洋記念墓地」という名前で、2007年現在で48,271人がここに眠る。また、1986年にスペースシャトル、チャレンジャー号の事故で亡くなった、ハワイ島出身のオニズカ大佐もここに眠る。




是非行ってみたい、観光ポイントですね!
ハワイ旅行の際には、立ち寄ってみましょう!

更にこの観光地の詳しい情報は、こちらをご覧ください ・・・
パンチボウル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。