スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パシフィック・ツナミ博物館

今日は、旅行情報.jpさんより、ハワイ島の観光お勧めスポットをご紹介させていただきます。

ツナミによる被害を展示

パシフィック・ツナミ博物館



まずこの「パシフィック・ツナミ博物館」という名前に、なぜ「ツナミ」という言葉が使われているが、不思議に思うかもしれない。ヒロには多くの日系人が住んでいるからではない。この「ツナミ(TSUNAMI)」という言葉は、勿論元々日本語の「津波」であるが、実は日本に入ってくる外来語と同様、ハワイの米国、オーストラリア等の英語圏では、普通に「TSUNAMI」として使われている言葉だ。
ヒロは過去2回、1946年と1960年に大きな津波が襲い、多くの死者を出している。その為、津波の恐ろしさを啓蒙、学習するために、このパシフィック・ツナミ博物館はオープンされた。

館内には、その過去の2回の大津波による被害の様子を、豊富な写真の展示、ビデオの上映などが行われている。その他、津波の起こる仕組み、津波警報センターの仕組みなどの展示がある。




是非行ってみたい、観光ポイントですね!
ハワイ旅行の際には、立ち寄ってみましょう!

更にこの観光地の詳しい情報は、こちらをご覧ください ・・・
パシフィック・ツナミ博物館
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。