スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビショップ博物館

今日は、旅行情報.jpさんより、オアフ島の観光お勧めスポットをご紹介させていただきます。

ハワイとポリネシアに関する膨大なコレクションは必見

ビショップ博物館



ビショップ博物館は、1889年、カメハメハ王家最後の直系子孫であるバニース・パウアヒ王女が亡くなり、夫であるチャールズ・リード・ビショップ氏がその追悼のために設立した博物館。ビショップ博物館は、王女がハワイの子供達の教育の為に設立した、カメハメハ・スクールの跡地に開設された。ビショップ博物館の敷地内に残る、ビショップ・ホールは、そのカメハメハ・スクール当時の建物だ。


ビショップ博物館の設立当初のビショップミュージアムのコレクションは、ハワイの美術工芸品とパウアヒ王女が相続した王家伝来の美術工芸品を収集したものだったが、現在ではハワイと太平洋諸島ポリネシア全域の文化に関する美術工芸品、文献、写真など、その数は200万点を超えるまでに達し、世界的にも価値の高い貴重なコレクションとなっている。現在のビショップ博物館はハワイでも最大の規模を誇る。


ビショップ博物館に併設のプラネタリウムに加え、近年、キラウエア火山などハワイの自然をテーマにしたサイエンス・アドベンチャー・センターも追加建設され、ハワイの子供達は学校の社会見学で必ず訪れる場所になった。



是非行ってみたい、観光ポイントですね!
ハワイ旅行の際には、立ち寄ってみましょう!

更にこの観光地の詳しい情報は、こちらをご覧ください ・・・
ビショップ博物館
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。