スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラハイナ

今日は、旅行情報.jpさんより、マウイ島の観光お勧めスポットをご紹介させていただきます。

ノスタルジックな雰囲気の溢れる街、ラハイナ

ラハイナ


ラハイナは、かつてのハワイ王国の首都がおかれた街。1795年にカメハメハ大王が、ハワイを統一、その後1845年にカメハメハ3世がホノルルへ、ハワイ王国の首都を遷都するまでの約50年、このラハイナは、ハワイ王国の首都であった。
ラハイナとは、ハワイ語で「無常な太陽」の意味。ラハイナが栄えた1800年代は、今よりも雨が少なく、日照りの日々が続いたことから、この言葉が街の名前となった。

そのラハイナから遷都を行った1850年頃をピークに、ラハイナの街は、アメリカの捕鯨の拠点として栄えていく。しかしながら、捕鯨産業の繁栄は長くは続かず、1860年頃より徐々に衰退していった。

現在のラハイナは、歴史保護区として、その当時の面影を色濃く残し、ノスタルジックな雰囲気に溢れる港町となっている。ラハイナ市内の見所としては、1901年にオープンし、100年以上の歴史を誇るホテル&レストラン、パイオニア・イン、樹齢が120年を超えるバニアン・ツリー、中国系移民達により創建された道教寺院、ウォ・ヒン・テンプルなど、見所が沢山だ。

ラハイナの街中には、レストラン、カフェなどの他、沢山のギャラリーもあり、ブラブラ歩きには、ラハイナは最高の街となっている。

是非行ってみたい、観光ポイントですね!
ハワイ旅行の際には、立ち寄ってみましょう!

更にこの観光地の詳しい情報は、こちらをご覧ください ・・・
ラハイナ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。