スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バニヤン・ツリー

今日は、旅行情報.jpさんより、マウイ島の観光お勧めスポットをご紹介させていただきます。

樹齢120年を超えるバニヤンの大木

バニヤン・ツリー

バニヤンの大木は、ラハイナ・ハーバーの目の前、パイオニア・インの隣にある。このバニヤン・ツリーは、1873年に植えられ、樹齢120年を超える大木。高さは約18メートルにも及ぶ。
例年12月の初旬から、クリスマスにかけ、このバニアン・ツリーに電球など飾りつけ、クリスマスツリーとして点灯を行っているので、この時期にマウイ島へ行く人は必見。


是非行ってみたい、観光ポイントですね!
ハワイ旅行の際には、立ち寄ってみましょう!

更にこの観光地の詳しい情報は、こちらをご覧ください ・・・
バニヤン・ツリー

ウォ・ヒン寺

今日は、旅行情報.jpさんより、マウイ島の観光お勧めスポットをご紹介させていただきます。

ノスタルジックなラハイナの中国系移民の道教寺院

ウォ・ヒン寺

ウォ・ヒン寺は、1912年にプランテーションで働く中国系移民達により創建された道教寺院。ウォ・ヒン寺は、古い建物が残るラハイナのフロント・ストリートでも歴史保存上、重要視されている建物。1階のミュージアムでは中国の工芸品が展示されている。
ウォ・ヒン寺のもう一つの見所は、トーマス・エジソンが撮影したと言われる、ハワイの風景を収めたフィルム。


是非行ってみたい、観光ポイントですね!
ハワイ旅行の際には、立ち寄ってみましょう!

更にこの観光地の詳しい情報は、こちらをご覧ください ・・・
ウォ・ヒン寺

ラハイナ

今日は、旅行情報.jpさんより、マウイ島の観光お勧めスポットをご紹介させていただきます。

ノスタルジックな雰囲気の溢れる街、ラハイナ

ラハイナ


ラハイナは、かつてのハワイ王国の首都がおかれた街。1795年にカメハメハ大王が、ハワイを統一、その後1845年にカメハメハ3世がホノルルへ、ハワイ王国の首都を遷都するまでの約50年、このラハイナは、ハワイ王国の首都であった。
ラハイナとは、ハワイ語で「無常な太陽」の意味。ラハイナが栄えた1800年代は、今よりも雨が少なく、日照りの日々が続いたことから、この言葉が街の名前となった。

そのラハイナから遷都を行った1850年頃をピークに、ラハイナの街は、アメリカの捕鯨の拠点として栄えていく。しかしながら、捕鯨産業の繁栄は長くは続かず、1860年頃より徐々に衰退していった。

現在のラハイナは、歴史保護区として、その当時の面影を色濃く残し、ノスタルジックな雰囲気に溢れる港町となっている。ラハイナ市内の見所としては、1901年にオープンし、100年以上の歴史を誇るホテル&レストラン、パイオニア・イン、樹齢が120年を超えるバニアン・ツリー、中国系移民達により創建された道教寺院、ウォ・ヒン・テンプルなど、見所が沢山だ。

ラハイナの街中には、レストラン、カフェなどの他、沢山のギャラリーもあり、ブラブラ歩きには、ラハイナは最高の街となっている。

是非行ってみたい、観光ポイントですね!
ハワイ旅行の際には、立ち寄ってみましょう!

更にこの観光地の詳しい情報は、こちらをご覧ください ・・・
ラハイナ

マウイ・オーシャン・センター

今日は、旅行情報.jpさんより、マウイ島の観光お勧めスポットをご紹介させていただきます。

水槽トンネルは水中散歩気分 ハワイ最大の水族館 

マウイ・オーシャン・センター

マウイ・オーシャン・センターは、マアラエア港にある年間40万人が訪れるマウイ有数のアトラクション施設。ハワイ諸島沿岸に生息する海洋生物を間近に観察する事が出来る。
マウイ・オーシャン・センターでは、絶滅危惧種のアオウミガメのプールやシュモクザメのプール、潮溜まりプール、水槽の中を歩ける水中トンネルもありファミリーに人気のスポット。

このマウイ・オーシャン・センターでの最大のハイライトは、水槽の中をトンネルで通る「アンダー・ウォーター・ジャーニー」。勿論濡れることなく、約2000匹のハワイ周辺に生息する魚達の中を、水中散歩気分を味わえることができる。

マウイ・オーシャン・センターのある、マアラエアは、多くのホエールウォッチングの船が出港する場所でもあり、マウイ・オーシャン・センターの中にも、「海洋哺乳類ディスカバリー・センター」が併設されている。マウイ島の周辺でよく見ることの出来る、ザトウクジラを中心に、イルカなどの海に住む哺乳類の生態を詳しく解説している。

家族連れの旅行の場合は、このマウイ・オーシャン・センターは、マウイ島観光の必見スポットだ。


是非行ってみたい、観光ポイントですね!
ハワイ旅行の際には、立ち寄ってみましょう!

更にこの観光地の詳しい情報は、こちらをご覧ください ・・・

マウイ・オーシャン・センター

パイオニア・イン

今日は、旅行情報.jpさんより、オアフ島の観光お勧めスポットをご紹介させていただきます。

ラハイナ港に建つ最古のホテル

パイオニア・イン


パイオニア・インは、1901年創業の100年以上の歴史を誇る、港町ラハイナは勿論、マウイ島最古のホテル。パイオニア・インは、ラハイナのランドマークとして知られ、創業時の外観を残したまま現在もホテルとして営業している。
捕鯨船時代、プランテーション時代の面影が残る、パイオニア・インのノスタルジックな建物は、絶好のフォト・スポット。建物は、国定の歴史的建造物として指定され、厳重に保護されている。

パイオニア・インは、現在アメリカ系のホテルチェーン、ベストウェスタンのチェーンとなっており、決して豪華な部屋ではないが、$145(税別)からと比較的廉価で宿泊することができる。

パイオニア・インでは、宿泊しなくても、「パイオニア・イン・グリル&バー」としても営業しており、ハワイの古きよき時代の面影を残しており、ラハイナを訪れた際には、是非ここでランチやディナーを取ってほしい。

パイオニア・インは、ラハイナ・ハーバーの直ぐ前に立地し、入り口にはキャプテン・クックの像がある。

是非行ってみたい、観光ポイントですね!
ハワイ旅行の際には、立ち寄ってみましょう!

更にこの観光地の詳しい情報は、こちらをご覧ください ・・・

パイオニア・イン

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。